社内弁理士のチャレンジクレーム

チャレンジクレームとは「実務家の間に通用する俗語で『だめもと』のチャレンジ精神で審査を受ける限定の少ない広いクレーム」をいいます。社内弁理士が「だめもと」で抽象的な理論と実務の架橋を目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米国模擬裁判(Mock Trial)のWeb動画 

今回はある先輩から教えていただいた模擬裁判(モック・トライアル)のWeb動画を紹介したい。それは訴訟専門の米国法律事務所Quinn Emanuelの東京オフィスが「日本初の本格的模擬裁判」と銘打って公開しているものである(動画配信ページはこちら)。

Quinn Emanuel東京オフィスの代表は著名なヘンリー幸田先生だ。この動画はヘンリー幸田先生含め以下の6名の方が2008年9月25日に行った模擬裁判のセミナーの録画である。

原告側弁護士はQuinn Emanuelの創設者の一人ジョン・クイン弁護士、被告側弁護士はウィリアム・プライス弁護士である。

玉井克哉氏(東京大学教授)
ライアン・ゴールドスティン(弁護士:当事務所 東京オフィス 共同代表)
ヘンリー幸田(弁護士:当事務所 東京オフィス 共同代表)
マイケル・ヤング(ユタ大学学長)

【スケジュール】
日時:2008年9月25日(木)
場所:ザ・プリンス パークタワー東京 地下2階 ボールルーム
受講料:無料(テキスト代、お茶代、懇親会すべて無料)

13:00-13:30 イントロ、裁判(案件)の説明、訴訟戦略
13:30-15:00 冒頭陳述、証人尋問の戦略及び説明
15:00-15:20 コーヒーブレイク
15:20-16:50 証人尋問、最終弁論、陪審員説示の戦略及び説明
16:50-17:00 休憩
17:00-17:30 陪審評議
17:30-18:00 ディスカッション、Q&A
18:00~  懇親会(お飲物と簡単なおつまみをご用意しております)
http://www.quinnjapan.com/



動画は全部で5時間22分という長大なもので一度にすべて見るのは難しい。筆者もすべて見終わったわけではない。ただ、先の動画配信ページの中央上方のタブ「テキストスライド一覧」に目次と時間の一覧があるので、これにより少しずつ見ていくことができる。この「テキストスライド一覧」では5時間22分を450項目に分けてある。スライド10(10/450)が模擬裁判の概要説明でスライド11(11/450)からTrialが始まる。

模擬裁判で取り上げている案件は主に契約に関する訴訟であり、特許侵害訴訟そのものではない。それでも冒頭陳述、証人尋問、最終弁論、陪審員説示、評議・評決といったTrialの流れは同様である。「日本初の本格的模擬裁判」とのことだが、模擬裁判としてネット上で公開されている資料としてはたいへん充実したものだと思う。少しずつでも一度通して見ると米国におけるTrialの全体像が把握できて有用ではないだろうか。
スポンサーサイト
[ 2009/04/04 23:41 ] 知財 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。