社内弁理士のチャレンジクレーム

チャレンジクレームとは「実務家の間に通用する俗語で『だめもと』のチャレンジ精神で審査を受ける限定の少ない広いクレーム」をいいます。社内弁理士が「だめもと」で抽象的な理論と実務の架橋を目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Aphex Twin「Come To Daddy」  

※本エントリは知財とは直接関係がありません。

今回は2009/3/28のエントリで「Music Videoの監督といえばMichel GondryとChris Cunningham」と紹介したChris CunninghamのMusic Videoを。Aphex Twinのような<変態テクノ>のMusic Videoを撮らせたら彼の右に出る者はいないのではないだろうか。Michel Gondryと棲み分けができていてよい。

彼の代表作といえるAphex Twin「Come To Daddy」(1997)とSquarepusher「Come On My Selector」(1997)とbjork「All Is Full Of Love」(1998)を。なお「Come On My Selector」に関しては音楽は3分12秒あたりから始まる。



スポンサーサイト
[ 2009/04/04 22:00 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。