社内弁理士のチャレンジクレーム

チャレンジクレームとは「実務家の間に通用する俗語で『だめもと』のチャレンジ精神で審査を受ける限定の少ない広いクレーム」をいいます。社内弁理士が「だめもと」で抽象的な理論と実務の架橋を目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Jazzanova「Caravelle」 

※本エントリは知財とは直接関係がありません。

2009/3/9のエントリで紹介したドイツのレーベルSonar Kollektivを主宰するのはJazzanovaというプロデューサーユニットである。今日は知財検定の試験だったが、試験前に聴くとよさそうな曲として彼らの「Caravelle」(1998)を思い出した。クールでハイテンションな高速ジャズボッサがイイ。Jazzanova初期の代表作だ。

ネットを見ていてJazzanovaの最新作が出ていることに気づく。何曲かか聴くとこれはノーザン・ソウルっぽい。「Caravelle」のようなJazzanovaらしさは薄い気がするが、これはこれでいいんじゃないだろうか。その中から「I Can Show」(2008)という曲を。

ノーザン・ソウルをwikipediaで調べるとFour Topsが元祖だとあったので「I Can't Help Myself」(1965)を。Four Topsはもちろんモータウンで、モータウンはもちろんデトロイトだ。こうしてまたもやデトロイトに辿りついてしまった。




スポンサーサイト
[ 2009/03/15 23:36 ] 音楽 | TB(0) | CM(3)
Caravelle
なつかしい!
いい曲だよね。私も好きです。

そういえば、
去年の秋頃にアレックスが渋谷で回したときも
やっぱりノーザンソウルばっかかけてたなあ。

って誰だかわかるかな?
まぁ今度の花見か飲み会のときにでも音楽談義しましょう

メールにリンクしてくれた記事
ちょっと難しそうだったので、こちらの記事に喰いつきました(ごめんなさい)
時間あるときにちゃんと読みます(多分)

ずいぶん思い切った決断されたようですが、
ぜひ頑張ってくださいな!
[ 2009/03/23 16:11 ] [ 編集 ]
Mさん(誰だか分かりますよ)

コメントありがとうございます!
数少ない非知財記事に食いつく人がいるとは!

でも反応してくれる人がいてうれしいです
ぜひ今度音楽談義やりましょう

ただ、メインはあくまで知財記事ですので、そっちもちゃんと読んでくださいねw

では今後ともよろしくお願いします
[ 2009/03/24 00:15 ] [ 編集 ]
zucciさん、こんにちは

松原正樹もいいですよ
http://www.youtube.com/watch?v=LT3c3feC3q4

オリジナルリリースが'83年と結構古いですが
今でも最高なのが Painted Woman。全曲ハズレなし!
You Tubeにはあがってませんが、itunes ほかあちこちで試聴できます。

以前はストレス溜まると、会社帰りにこれかけて名古屋高速のループを
すっ飛ばしてました。おっと名古屋ネタで失礼。

by charlie
(左斜め後ろの席のYさんに先日の送別会で命名されたので)
[ 2009/03/28 10:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。