社内弁理士のチャレンジクレーム

チャレンジクレームとは「実務家の間に通用する俗語で『だめもと』のチャレンジ精神で審査を受ける限定の少ない広いクレーム」をいいます。社内弁理士が「だめもと」で抽象的な理論と実務の架橋を目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Googleがボイスメール特許訴訟で和解 

Googleがボイスメールに関する特許で個人から提起されていた訴訟で和解したという(3月10日付ITMedia記事)。

このニュース自体に変わった点はないが、筆者が不思議に思ったのはGoogleは「特許訴訟に対し和解ではなく徹底的に戦う」という方針を打ち出しているという記事が出たばかりであったためだ(3月5日付business-i記事)。

米連邦裁判所の訴訟事件一覧表によると、同社は現在24件の特許訴訟を抱えている。一昨年までの4年間は毎年訴訟で和解をしてきたが、昨年は一度も特許訴訟で和解をしていない。


「和解しない」というポリシーは先の記事でも言われているように現実的ではないと筆者も思っていた。しかしGoogleのことなので「何かあるだろう」と思っていたが、やはり「和解しない」というポリシーは撤回した(もしくは最初から存在しない)ようだ。
スポンサーサイト
[ 2009/03/11 23:41 ] 知財 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。