社内弁理士のチャレンジクレーム

チャレンジクレームとは「実務家の間に通用する俗語で『だめもと』のチャレンジ精神で審査を受ける限定の少ない広いクレーム」をいいます。社内弁理士が「だめもと」で抽象的な理論と実務の架橋を目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MicrosoftがTomTom社をLinux関連特許の侵害で提訴 

2009年2月25日マイクロソフトがカーナビメーカーのTomTom社を特許侵害で提訴したという。例えばこの記事。今回はこの訴訟についてLinuxとの関連から解説したい。

まず、この訴訟の背景には以下の二つの流れがある。

第一の流れは、近年マイクロソフトが多くの企業(家電メーカなど)と特許のクロスライセンス契約を締結しているということだ。2003年以来500件以上のライセンス契約を結んできたというのだからスケールが大きい。最近では例えば2009年2月のブラザー工業である。このクロスライセンスの相手企業にはカーナビメーカーも含まれている。例えばアルパインケンウッドパイオニアである。

今回の提訴もTomTom社とクロスライセンス交渉の決裂の末だという。

第二の流れは以前からマイクロソフトがLinuxなどFOSS(Free and Open Source Software)は自社の保有する特許235件を侵害すると主張していたことだ。例えばこの記事

そしてマイクロソフトは今回の提訴特許8件のうち3件をLinuxカーネルが侵害すると主張しているという。これが本訴訟をLinuxとの関連で注目すべき理由である。

そこで、まず提訴特許8件の特許番号とタイトルを見ると以下のようになっている。

①5,579,517 Common name space for long and short filenames.
②5,758,352 Common name space for long and short filenames.
③6,175,789 Vehicle computer system with open platform architecture.
④6,202,008 Vehicle computer system with wireless internet connectivity
⑤6,256,642 Method and system for file system management using a flash-erasable, programmable, read-only memory.
⑥6,704,032 Methods and arrangements for interacting with controllable objects within a graphical user interface environment using various input mechanisms.
⑦7,054,745 Method and system for generating driving directions.
⑧7,117,286 Portable computing device-integrated appliance.

このリストはBruce Perens氏の解説による。Perens氏はEric RaymondとともにOSI(Open Source Initiative)を設立した人物である。

このうち③④⑦はタイトルから明らかにカーナビに関する。はGUIに関するものである。も従属項に「vehicle」とある。よってLinuxカーネルに関連する特許は①②⑤の3件だと思われる。

これら3件はWindowsのファイルシステムであるFAT(File Allocation Table)に関する特許である。現在ほとんどのLinuxディストリビューションがFATをマウントできるようだ。よってほとんどのLinuxディストリビューションがこれらの特許を侵害するおそれがある。

3件のうちの基本特許①は以前から問題視されていたようで、PUBPAT(Public Patent Foundation)という団体が2004年にre-examinationを請求している。Office Actionは出されたようだが、補正により権利は維持されたという。PUBPATのサイトこの記事を参照。

これら3件の特許が訴訟を経て有効性を維持できるかが注目される。マイクロソフトは自社の特許の有効性に自信がなければ特許番号を公開することになる訴訟は避けたいと考えるだろう。今回はこれらの特許にre-examinationという経緯があるため訴訟に使ったのだろうか。

「Microsoftが,Linuxに侵害されたという特許を具体的に示さないのはなぜか。実際には存在しないから、有効ではないから,あるいは簡単に回避できる特許だからではないか」とOIN(Open Invention Network)のCEOJerry Rosenthal氏は言っていたが、OINは無効化に向けなにか手を打ってくるだろうか。
スポンサーサイト
[ 2009/03/03 23:25 ] 知財 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。