社内弁理士のチャレンジクレーム

チャレンジクレームとは「実務家の間に通用する俗語で『だめもと』のチャレンジ精神で審査を受ける限定の少ない広いクレーム」をいいます。社内弁理士が「だめもと」で抽象的な理論と実務の架橋を目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーライドは原則として自由である 

2009/2/8のエントリ『北海道大学COE Web講義』で紹介した講義のうち。「知的財産法」第1回 『知的財産法総論』という田村善之先生の講義を視聴した。この講義の中で2009/2/7のエントリで紹介した知財制度の存在意義を説明する「インセンティブ論」についてすばらしい指摘があった。それは次のような趣旨のものである。

世界はフリーライドで発展するため、フリーライドは原則自由と考える。知財制度はフリーライドによるインセンティブの低下を防ぐことに意義があるため、事実上インセンティブが機能する場合、フリーライドを自由にしておいた方が有益である。インセンティブが機能しない場合にはじめて法の支援が必要となる。

これは「インセンティブ論」を採用する限り当然に導かれる帰結だと思う。ただこのような視点は明確に認識されていないことが多いのではないだろうか。

この視点から例えば次のようなことがいえる。ソフトウェアやデジタル・コンテンツなど知財制度がその発展をむしろ阻害していると批判される領域がある。その批判の背景には、これらの領域では近年の技術進歩により必要とされる投下資本が少なくなり、事実上のインセンティブが機能し始めたため、法の支援が「余計なお世話」になってきたといえる。
スポンサーサイト
[ 2009/02/12 21:26 ] 知的生産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。