社内弁理士のチャレンジクレーム

チャレンジクレームとは「実務家の間に通用する俗語で『だめもと』のチャレンジ精神で審査を受ける限定の少ない広いクレーム」をいいます。社内弁理士が「だめもと」で抽象的な理論と実務の架橋を目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

権利範囲の不明確さは知的財産権の重要な特徴である 

2009/3/24のエントリで「刑法学的に知的財産法は構成要件がもっとも不明確な特別刑法の一つではないだろうか」というコメントを紹介し、その理由は知的財産権の「権利範囲の不明確さ」だろうと書いた。この「権利範囲の不明確さ」は知的財産権の重要な特徴だと思われる。今回はなぜ「権利範囲の不明確さ」が知的財産権の重要な特徴なのかについて書きたい。

2009/2/15のエントリで「知的財産権は所有権であるべきか?」という知財における根本的な問題を紹介した。この問題に対し「特許権は権利範囲が不明確であるため所有権ではない」という回答がなされている。この回答は筆者には説得力があるように思える。よって「権利範囲の不明確さ」は知的財産権の重要な特徴であると考える。

先の回答をしているのは2009/2/8のエントリで紹介した『Patent Failure』の著者ボストン大学ロースクールのJames Bessen氏らである。いわく「権利範囲が不明確なものは所有権ではない」という。

If you can't tell the boundaries, it ain't property.

(『Patent Failure』p.8)
http://press.princeton.edu/chapters/s8634.pdf


Bessen氏らは特許権と土地の所有権とを比較して特許権の権利範囲が不明確だという。『Patent Failure』におけるBessen氏らの結論は「特許権は権利範囲が不明確であるため(産業分野によっては)所有権として機能していない」というものであろう。

なぜ所有権として機能しないといえるのか。その理由の一つは不明確な権利が物権的な排他性を持つことで引き起こされる「取引コスト」増大の問題だといえる。「取引コスト」増大の問題については本ブログでも何度か取り上げた(例えばこのエントリこのエントリ)。「取引コスト」の増大は単純に社会厚生にとって悪影響である。

この悪影響が大きいため現在さまざまな対策が検討されているのだろう。特許法の抜本改正として話題になった特許制度研究会における「特許権の効力の見直し」もその流れの上にあるのだろう。特許制度研究会の第2回配布資料が公開されている。
スポンサーサイト
[ 2009/04/06 22:17 ] 知的生産 | TB(0) | CM(4)

Fatboy Slim「Praise You」 

※本エントリは知財とは直接関係がありません。

Music Videoの監督としてフランスのMichel GondryとUKのChris Cunninghamを紹介したが、アメリカのSpike Jonzeも忘れるわけにはいかない。Fatboy Slim「Praise You」(1999)、Chemical Brothers「Elektrobank」(1997)、Beastie Boys「Sabotage」(1994)を。

「Praise You」のようなアホさはアメリカっぽくて好きだ。このビデオで中心となって踊っているのがSpike Jonze本人である。

「Elektrobank」の主人公の体操選手はSpike Jonzeの元夫人Sofia Coppolaである。
[ 2009/04/05 18:02 ] 音楽 | TB(0) | CM(1)

米国模擬裁判(Mock Trial)のWeb動画 

今回はある先輩から教えていただいた模擬裁判(モック・トライアル)のWeb動画を紹介したい。それは訴訟専門の米国法律事務所Quinn Emanuelの東京オフィスが「日本初の本格的模擬裁判」と銘打って公開しているものである(動画配信ページはこちら)。

Quinn Emanuel東京オフィスの代表は著名なヘンリー幸田先生だ。この動画はヘンリー幸田先生含め以下の6名の方が2008年9月25日に行った模擬裁判のセミナーの録画である。

原告側弁護士はQuinn Emanuelの創設者の一人ジョン・クイン弁護士、被告側弁護士はウィリアム・プライス弁護士である。

玉井克哉氏(東京大学教授)
ライアン・ゴールドスティン(弁護士:当事務所 東京オフィス 共同代表)
ヘンリー幸田(弁護士:当事務所 東京オフィス 共同代表)
マイケル・ヤング(ユタ大学学長)

【スケジュール】
日時:2008年9月25日(木)
場所:ザ・プリンス パークタワー東京 地下2階 ボールルーム
受講料:無料(テキスト代、お茶代、懇親会すべて無料)

13:00-13:30 イントロ、裁判(案件)の説明、訴訟戦略
13:30-15:00 冒頭陳述、証人尋問の戦略及び説明
15:00-15:20 コーヒーブレイク
15:20-16:50 証人尋問、最終弁論、陪審員説示の戦略及び説明
16:50-17:00 休憩
17:00-17:30 陪審評議
17:30-18:00 ディスカッション、Q&A
18:00~  懇親会(お飲物と簡単なおつまみをご用意しております)
http://www.quinnjapan.com/



動画は全部で5時間22分という長大なもので一度にすべて見るのは難しい。筆者もすべて見終わったわけではない。ただ、先の動画配信ページの中央上方のタブ「テキストスライド一覧」に目次と時間の一覧があるので、これにより少しずつ見ていくことができる。この「テキストスライド一覧」では5時間22分を450項目に分けてある。スライド10(10/450)が模擬裁判の概要説明でスライド11(11/450)からTrialが始まる。

模擬裁判で取り上げている案件は主に契約に関する訴訟であり、特許侵害訴訟そのものではない。それでも冒頭陳述、証人尋問、最終弁論、陪審員説示、評議・評決といったTrialの流れは同様である。「日本初の本格的模擬裁判」とのことだが、模擬裁判としてネット上で公開されている資料としてはたいへん充実したものだと思う。少しずつでも一度通して見ると米国におけるTrialの全体像が把握できて有用ではないだろうか。
[ 2009/04/04 23:41 ] 知財 | TB(0) | CM(0)

Aphex Twin「Come To Daddy」  

※本エントリは知財とは直接関係がありません。

今回は2009/3/28のエントリで「Music Videoの監督といえばMichel GondryとChris Cunningham」と紹介したChris CunninghamのMusic Videoを。Aphex Twinのような<変態テクノ>のMusic Videoを撮らせたら彼の右に出る者はいないのではないだろうか。Michel Gondryと棲み分けができていてよい。

彼の代表作といえるAphex Twin「Come To Daddy」(1997)とSquarepusher「Come On My Selector」(1997)とbjork「All Is Full Of Love」(1998)を。なお「Come On My Selector」に関しては音楽は3分12秒あたりから始まる。
[ 2009/04/04 22:00 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

間接侵害罪(特196条の2)には疑問がある 

2009/3/24のエントリ2009/3/29のエントリでも知財法の罰則について述べたが、今回は間接侵害罪(特許法196条の2)について書きたい。

この間接侵害罪(特許法196条の2)は先のエントリでもふれたH18年法改正により新たに規定された。その結果、間接侵害の刑は直接侵害のそれよりも軽くなった。この法改正以前は直接・間接問わず特許侵害罪として同じ刑であった。弁理士試験の勉強をしていた頃、この点が疑問であった。「なぜ直接侵害と間接侵害で同じ刑なのか?」ということである。間接侵害は予備的・幇助的行為であるというのだから間接侵害罪は予備罪といえる。では、なぜ直接侵害と同じ刑なのか。しかし先に述べたようにこの問題はH18年法改正により解消された。

ただ、そもそも間接侵害罪の存在意義には疑問がある。

その理由は予備罪は「重要な犯罪」のみにもうけられるものであるが、それらの「重要な犯罪」と比べ特許侵害がそれほど「重要な犯罪」とは思えないためである。法律用語辞典の「予備」の項目にも次のようにある。

未遂犯と異なり、刑法総則において、一般的な可罰性が認められているものではなく、重要な犯罪について例外的に処罰される(有斐閣法律用語辞典[第3版])


予備罪がもうけられている「重要な犯罪」とは何かというと殺人、強盗、放火、外患誘致、内乱などである。人命にかかわるような犯罪ばかりである。

一方、特許侵害が人命にかかわることはあまりないように思う。逆に特許侵害を避けることが人命にかかわることはあると思う。例えば医薬品の特許について「特許を侵害してしまうので国民が医薬品を入手できない。人命にかかわる問題であるから強制実施許諾をする。」という場合である。そういえば今年の中国特許法改正にも医薬品に関する強制実施許諾についての事項が含まれている。
[ 2009/04/01 22:52 ] 知財 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。